ウィリアム・モリスとシックハウス

 ウィリアム・モリスは、ファブリックの染め物や壁紙の塗料に、自然素材を使っていたことでも有名ですが最初は自然素材の染料がほとんど衰退したこともあって塗料の選択に苦労したのではないでしょうか。

 モリスは化学染料が時間の経過とともに、けばけばしい絶望的な退色になっていくことを嫌い、最初の3作、「ディジー」、「トレリス」、「フルーツ」は鉱物塗料を使っていたとの記録があります。

 産業革命が興っていた当時は、安価な化学染料が大量に流通していた時代であり、他のデザイナーや壁紙を制作する会社も同様に化学染料や鉱物を使用していたようです。

 ブルーにはラピスラズリやアズライトなどのパワーストーン系の色もありましたが、橙色には鉛、緑色などにはヒ素が使用されていました。

 ヨーロッパではインテリアや壁紙に使われたヒ素などによって、体調を崩したり、命を落としたりする小さな子供やお年寄りも多かったとの記録があります。

 かの有名なナポレオン・ボナパルトも、遺体から高濃度のヒ素が検出されたために、死因は壁紙に含まれたヒ素が原因ではないかとの説もあります。

 いわゆる現在のシックハウス症候群がこの時代にも起こっていたのです。



 モリスは壁紙のヒ素などで命を落とす子供たちを憂い、壁紙の塗料やファブリックなどの自然素材で作る染料の開発にも精力的にエネルギーを注ぎ、生涯をかけて取組みました。

 モリスの作品によっては(例えばブレアラビットのように)完成までに数年を要した作品もあるのですが、取り扱いが困難な自然素材での染色に何度も何度も失敗を重ねたり、開発までに時間を要したことも時間がかかった原因のひとつのようです。

1882 brother rabbit


 1862年から1870年までに、モリスが壁紙を3作しか作らなかったことから、染料の問題もあったことも推測されます。

 1870年代に入って、モリスの壁紙の制作を請け負っていたジェフリー社の技術も向上し、安全な自然素材の塗料を使用した壁紙の商品化にも次々と成功しました。

 最終的にモリスはファブリックについては、スタンフォードシャーのリークというところに住む高齢の印刷工を見つけ、彼が自然素材での伝統的な染色法を記憶してたことから化学物質の染料の代替え品の開発に成功しました。

 しかも化学染料よりも長持ちすることを証明したのです。

Jeffrey&Co.



この日本でもシックハウスが本格的に有名になったのは、2000年頃からでしょうか。

 しかしモリスの時代のように、現代でもシックハウスは無くなっておらず、大手のハウスメーカーさんの建てた新築に入居して、体調を崩された方や、命を落とされた方も現実にいらっしゃいます。

 その後シックハウス法が整備されたのですが、建材の基準自体がホルムアルデヒドの古いヨーロッパの数値を基にしたもので、基準数値以内であれば体調が崩れない保証をするものでは決してありません。

 ホルムアルデヒドの代わりに使われている化学物質は、法規制がされていない化学物質が採用されていますし、その化学物質に体調を崩す人がいる限り、シックハウスは無くなることはないのでしょうか。

 安価な建材は生活の質や豊かさまで著しく低下させますが、体調や命まで奪うこともあります。


pimpernel

 ウィリアム・モリスは、特に新築マンションで良く使われる500番等の激安なビニールクロスとは大きく違い、安全な糊で施工することによって、シックハウス対策としても有効な芸術品です。こんなに色使いが綺麗でも、安心して楽しむことができるのです。

 当然価格は高くなりますが、費用対効果はそれを遥かに上回り、豊かな生活の大切さに気付かされることでしょう。

 次の回では、シックハウス対策の為の具体的な選択方法を解説します。




ウィンドラッシュ川に佇んで

bourton on the-water.jpg

コッツウォルズ地方、北に位置するバートン・オン・ザ・ウォーターに到着しました。




windrush.jpg


 今となっては新興住宅街も近接する街ではありますが、中心部に流れるウィンドラッシュ川は憩いの場所となっています。




Windrush river.jpg



 windrush=急流、という解釈になりますが滝のように流れるイメージではなく、とても浅く水面が細かい流れる池といった風情です。




Burton  on the water.jpg


 近接する土産物屋さんやスーパーには、地元客や観光客などで賑やかになっていました。




windrush.jpg

 このウインドラッシュ川に良く訪れていたウィリアム・モリスは、一枚の壁紙として表現しています。




Windrush wallpaper.jpg


 1883年に「Windrush」として作品になりました。


 今でもモリスの人気作品の一つになっています。





Windrush.jpg

 素敵なオースチンのクラシックカーとともに。

ウィリアム・モリス in LONDON

V&A entrance.jpg

 ウィリアム・モリスを目当てにV&A博物館へ。



V&A Morris.jpg


 V&A博物館は入場無料ですが、1階の丁度真ん中にレストランがあり、その奥がモリスが設計したモリスルームがあります。


 ここで飲み物を注文して休憩です。



Morris Room .jpg

 室内の照明がかなり暗かったのであまり写りが良くありません。

 全てプリントではなく、モリスによる手書きです。


Morris Room 1.jpg

 彫刻の美しさが際立ちます。


Morris Draw.jpg




Daisy Tile.jpg

 ド・モーガンによって絵付けされた「Daisy」。



Painted by De Morgan.jpg



Painted by Morris.jpg


 モリスが絵を書き入れました。


Strawberry Thief.jpg

 いちご泥棒。


Trelis.jpg


 トレリスの壁紙。


Watching Morris.jpg



Wandle.jpg

 川の名前を題材にした「Wandle」。




Morris1.jpg


 壁紙のディティールです。



Orsay Arts&Crafts.jpg

 訪れた日は丁度オルセー美術館にモリスの大部分の作品があったのですが、ここに訪れる3日前に観に行っています。

 ナイトミュージアムでしたが、モリスの前にパリっ子がすごい行列を作っていました。

 ルーブルと違い、撮影禁止なのが残念です。





Morris Gallery Closed.jpg

 ロンドン郊外のモリスが育った家、Morris Galleryに到着。

 でも様子がちょっと変・・・。



William Morris Gallery.jpg


 工事中です・・・(泣)。
訪れたのは1月15日でしたが「Redevelopment Until JULY」とあります。


Morris House.jpg


 さすが上流階級らしく、かなり広大な敷地でした。


 寒いしバスは来ないしで、帰りの足取りが重かったのは言うまでもありません。



ミセス 11月号に掲載されました

01375-11-2011.jpg

 ミセス11月号でもウィリアム・モリスの特集記事が紹介され、取扱店としてハニーハウスが紹介されています。

 特別付録として、モリスの綿100%の生地が付いています。(68cm×48cm)



 開けると、「BIRD and ANEMONE」のグリーンでした。


 いろいろと使えそうなサイズです。

『ウィリアム・モリスの芸術展』ご来場有難うございます

モリス展.jpg

 6日間に渡って開催しました、『ウィリアム・モリスの芸術展‐美しい自然の壁紙とファブリック』が無事終了致しました。

 開催に関して多大なるご協力を頂きましたマナ・トレーディング株式会社様、ヤマプラス株式会社様、潟鴻bクウェル様、hanaori涼様、潟_イコク様、保険サプリ東店様、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

 震災の影響による延期の為、お盆休み後半からの開催期間にも拘らず多数の方々に御来場いただき、モリスをご覧頂けたことに感謝致します。


モリス展2.jpg
会場窓からの風景。正面にTV塔が見えます。


モリスの幻の作品も展示しております

 ウィリアム・モリスの芸術展もいよいよ明日までとなりました。

 展示作品のうち現在手に入るものが多いのですが、廃盤となった幻の作品もご覧になれます。

 『Jasmine(1871年)』 2点

 『Vine(1873年)』   2点

 『Lily(1874年)』   2点

 『Oaktree(1896年)』 2点


 の4作品8点になります。

 お見逃しなきよう。


ウィリアム・モリスの芸術展始まりました

モリス展2.jpg

 『モリス商会150年記念-ウィリアム・モリスの芸術展』始まりました。

 1860年の『RED HOUSE』から、1913年の『ARBUTUS』まで、壁紙53点、ファブリック14点、計67点の展示となっております。


いちご泥棒.jpg

 150周年記念で復活したアーカイヴ・コレクションもかなり魅力的です。


札幌市資料館 階段.jpg

 大正15年築、札幌市資料館の螺旋階段とステンドグラスも素敵です。

明日からウィリアム・モリスの芸術展です

william morris portrait.jpg

 明日から札幌市資料館に於いて、『ウィリアム・モリスの芸術展-美しい自然の壁紙とファブリック』が開催されます。


 8月21日(日)までの5日間と短い開催期間ですのでお早めに。

 時間は20日(土)まで、9:00〜19:00.

 最終日の21日(日)は17:00までとなっております。


 終日ではありませんが、ほぼ常時土岐と山尾がおりますので、モリスの歴史や作品についての説明を聞きたい方はなるべく早い時間にお越しください。


札幌市資料館.jpg

ミセス9月号に掲載されました。ウィリアム・モリス150周年記念

ウィリアム・モリス特集

 創刊50周年記念を迎えた、高級志向の雑誌『ミセス』の9月号にウィリアム・モリス150周年を記念した記事が掲載されています。

 今月発売の9月号から3カ月連続で11月号まで特集記事が組まれますが、全国の取扱店舗の紹介欄に「花参道コーポレーション」が掲載されています。




 来る8月16日、札幌市資料館に於いてモリス商会150周年を記念したイベント『ウィリアム・モリスの芸術展』を開催致します。

 8月21日(日)までの5日間、壁紙32点、壁紙パネル18点、ファブリック6点、その他歴史的な解釈や画像説明文などを織り交ぜて、モリスの作品の素晴らしさをご堪能いただけるよう準備しております。

 入場は無料ですので、そろってご来場ください。

 開場はAM9:00〜PM7:00まで(最終日はPM5:00まで)です。


1887 iris black by John Henry Dearle oroginal text.jpg

ウィリアム・モリス150周年記念イベントついに開催です

 東北大震災の影響により延期になっていましたモリス商会設立150周年記念イベント『ウィリアム・モリスの芸術-美しい自然の壁紙とファブリック展』が来る8月16日(火)〜21日(日)の6日間、札幌市資料館に於いてハニーハウス主催で開催されます。


 今年は150周年を記念して、当時のアーカイヴ・コレクションの中からモリスらしい素敵なデザインが復刻しています。


1875 pimpernel I  original

 1875年『Pimpernel(るりはこべ)』

1875 marigold original

 1875年『Marigold』



 その作品の中でこちらをご覧ください。

Scroll

 1871年『Scroll』


 モリス自身の作品によるこの『Scroll』は、同時期にデザインされた『(Small Bough)Branch』を背景にマリーゴールドが生き生きと描かれています。


branch

 1871年『Branch』

 モリスは少年のころから本草学に興味を持ち、樹木から野草に至るまで丹念に観察していました。
モリス作品に共通する、どこまでも伸びて行く生命の永遠性を感じさせる作品です。


ウィリアム・モリスの施工

 ハニーハウスの壁紙職人さんです。
彼の施工は繊細かつ大胆で、モリスの芸術性を最大限に引き出します。

 モリスの施工に関しては右に出るものはいないでしょう。


scroll

ウィリアム・モリスの新作見本入りました

pinpernelとstrawberry thief
Pimpernel(るりはこべ)といちご泥棒

 モリス商会が創業以来、今年で150年を迎えます。

 記念して4冊の新作見本帳がはっぴょうになり、早速入荷致しました。


ウィリアム・モリスコレクション

 ファブリックのいちご泥棒は版権がリバティ・プリントに移って以来、1/20くらいのごく小さなサイズでしか見ることが出来ませんでしたが、オリジナルのサイズで戻ってまいりました。


ウィリアム・モリスコレクション


 壁紙は傑作『Pimpernel』が復活しました。


Pimpernel


 『Fruit』もシックなデザインのラインアップが増えました。

 『Garden tulip』はより当時のオリジナルに近いパターンに戻っています。




 つまり、往年のモリス・デザインの復刻版ぞろいということです。


 マニアにはちょっと堪らないラインアップですが、お部屋のコーディネイトの幅がグッと広がります。

 

Scroll William  Morris


ウィリアム・モリスの新作ラインアップ発表です

 モリス商会設立150周年記念の今年2011年、

 ウィリアム・モリスの古典的なアーカイブを利用した新作が発表になります。


モリスのいちご泥棒


 モリスの代表作で、永らくリバティ・プリントに版権が移っていた名作『いちご泥棒』

 
 オリジナルのサイズでモリス本来の作品として復活します。



ウィリアムモリスのいちご泥棒


 リバティ・プリントでは小さなマイクロサイズに再デザインされていましたが

 『いちご泥棒』本来の生き生きとしたデザインが蘇ります。



モリスのマリーゴールド


 また、1875年の作品『Pimpernel』と『Marigold』が新たに加わります。


Morris Pimpernel



 古典的なモリスらしい作品が満載の150周年記念のラインアップ

 乞うご期待。


震災により『美しい自然の壁紙とファブリック展』延期のお知らせ

 先般より4月5日〜10日の予定でご案内申し上げておりました、『ウィリアム・モリスの芸術-美しい自然の壁紙とファブリック展』を、東北太平洋沖地震の影響により資料等が揃わない事、開催するには適切でない時期であることから、やむなく延期させていただくことになりました。

 楽しみにされていた方々にお詫び申し上げますと共に、震災で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

 新たな日程につきましては、改めてご案内させていただきます。




『美しい自然の壁紙とファブリック展』詳細です

 『ウィリアム・モリスの芸術-美しい自然の壁紙とファブリック展2011』が、4月5日(火)~4月10日(日)の6日間、札幌市資料館にて開催されます。

 壁紙45点、ファブリック9点、写真等約20点、合計74点の予定で構成します。

 モリスが建築やインテリアにエネルギーを注ぐ1958年頃から亡くなった1996年以降の弟子や家族の作品までをモリスと仲間たち、そして社会活動を通じての時代の背景を交えながら展示いたします。


 入場は無料ですので、是非お気軽に会場へお越しください。

 わたしとスタッフが時間限定で会場におりますので説明ご希望の方はお伝えください。

ラファエル前派からウィリアム・モリスへ

ラファエル前派からウィリアム・モリスへ.jpg


 産業革命によって急激な近代化を遂げた19世紀半ばのイギリスでは、物質的な充足の一方で都市や労働の変化が起こり、人々は精神的な豊かさが失われていることへの不安を抱きはじめました。

 こうした社会に警鐘を鳴らしたのが、思想家ラスキンです。

ジョン・ラスキンとロセッティ.JPG
ラスキンとロセッティ


 彼が唱える理念にハント、ロセッティ、ミレイらを中心とする青年画家たちが共鳴し、1848年ラファエル前派同盟を結成しました。

 彼らは当時、美術アカデミーが理想としていた巨匠ラファエロより以前の、初期イタリア・ルネサンスやフランドル絵画の自由な表現力に新たな未来を切り開こうと探求しました。

 こういった彼らの周辺には、ラスキンに感銘を受けたウィリアム・モリス、バーン=ジョーンズら、のちに装飾美術や工芸に携わることになる多才な人物が集い始め、のちにアーツ・アンド・クラフツ運動へとつながっていきます。

 ウィリアム・モリス・ギャラリーほか、イギリス各地の美術館、コレクターの所蔵品約100点を展示し、ラファエル前派からウィリアム・モリスへの潮流を展観します。

 明後日、2月25日(金)から。


『ラファエル前派からウィリアム・モリスへ』

2月25日(金)〜3月27日(日)[会期中無休]
開館時間:午前10時-午後8時(最終日は午後5時閉館)
入館締切:各日閉館30分前<最終日:午後5時閉館>
入館料:一般900円(700円)/高・大学生 700円(500円)/小・中学生 500円(300円)

主 催:京都新聞社
企画協力:株式会社ブレーントラスト
後援:ブリティッシュ・カウンシル

生きた壁紙の芸術

生きたモリスの壁紙


 札幌市内で新築をされたお客様の、一番大切なお部屋のウィリアム・モリスです。


 間接照明に浮き立ったカーキーのWindrushは、時間によってその美しい表情を変えています。


 モリスの持つイメージというのが一般的にあるようで、輸入壁紙を専門に扱われているプロの方に、「モリスがこんな表情を持っているとはとても意外でした!」と絶賛していただきました。


 施工はもちろん、シックハウスにならない一番安全な糊を使い、EMXセラミックの持つ抗酸化のパワーを加えています。



 この時代の作品は1883年頃のものですが、彼はそれ以前にプライベートの苦悩が作品に表れていた時期があり、この作品あたりからそれを乗り越えて行くことになります。


 この『ウィンドラッシュ』と共に『クレイ』や、『クリサンチューム』などは彼の壁紙のデザインにおける集大成ともいえる仕上がりです。



 今年はモリス商会設立150周年記念の年です。



 4月5日より、札幌市資料館にて『ウィリアムモリスの芸術』を開催します。



 生きたモリスの芸術を、堪能できるモリス展にしたいと思います。




ウィリアム・モリス設立150周年

 ウィリアム・モリスは1861年にモリス商会が設立されて以来、今年で150周年を迎えます。

 オックスフォード大学を卒業して、建築家ジョージ・エドモンド・ストリートの建築事務所に所属していたモリスは、生涯の親友でもある先輩の建築家、バーン=ジョーンズらと共に『モリス・マーシャル・フォークナー商会』を設立しました。




1892 blackthorn by John Henry Dearle original.jpg
1892年 blackthorn by John Henry Deale original


 その後モリス商会へと受け継がれ、150年経過した現代に於いても生命力溢れるデザインが残されています。


 150周年を記念して、ウィリアム・モリスの新しいラインアップが春に発表になります。

 大きなニュースですが、モリスの傑作のひとつである『いちご泥棒(Strawberry thief)』が復活する予定です。





1883 strawberry thief original.jpg
1883年 Strawberry thief original

 

オープンガーデンのようなファブリック

ハニーサックル

 つる性の植物として人気のハニーサックル(すいかずら)が日ごとにお花を付けてきました。

 その繊細で優美な曲線を描いた花びらは、優雅なイングリッシュローズのなかにまぎれて、静かに自己主張しています。

上に上に果てしなく伸びるつると、その個性的で優美な花びらとのコンビネーションは見るものを魅了します。


ウィリアム・モリスのハニーサックルは室内をオープンガーデンに変えてしまいます。

 ファブリックとして人気の「ハニーサックル」は、ウィリアム・モリスの次女のメイが図案を起こしたもので、1876年に製作されました。

 試行錯誤から始まったモリス商会のファブリックや壁紙のテキスタイルは、この頃には初期のものに比べて一段と精巧になり、華麗なイメージを増してゆきます。

 当初、刺繍としてデザインされたこの「ハニーサックル」は、後年メイがモリス刺繍の最高傑作だったと言っています。

 ガーデニングの自然と調和したスタイルと共鳴して、日常に自然の恵みをもたらすインテリアとして、この「ハニーサックル」はうってつけです。

 写真左にある観葉植物と比べていただくと、それがいかに作られたものというより、ごく自然なモチーフであるかが分かります。

可憐なデイジーをあなたの部屋に

デイジー(ヒナギク)

可憐なデイジーはオープンガーデンに欠かせないお花の一つです。

デイジー(ヒナギク)のタイル。白無地に手書きでデザインを加えて製作した。
ウィリアム・モリスは自身が作ったモリス商会で様々な商品を製作して販売していました。

 彼は建築家のウエッブとともに美術館に通い、イタリアのマヨルカ陶器を参考に、白無地の陶器タイルを製作しました。

 1861年頃、モリスはこれに手描きで絵付けをして販売します。

 日本の伊万里や中国磁器のデザインにも影響を受けたそのタイルには、可憐なデイジー(ヒナギク)の模様が描かれています。

紺のサージ地にモリスの妻、ジェインが刺繍を加えたもの。

 モリス商会の商品の中で欠くことができないのが刺繍です。

 モリスの妻ジェインは、紺のサージ地にステッチでデイジーの模様を描きました。

 この秀逸な刺繍は、後の壁紙の名作「デイジー」の原型にもなりました。


ウィリアム・モリス「デイジー」のテキスタイル

 「トレリス」に続くこと2年後の1864年、モリスは2作目の壁紙「デイジー」を発表します。

 ここでモリスは、自然の中で咲くデイジーの可憐さの表現に成功しています。 


 組み合わせによって、デイジーも重厚にもポップにも変わります。

 居間、玄関、水周り、、そのどの場面にもウィリアム・モリスのデイジーは生き生きとしたお花の美しさを存分に再現します。

 照明やインテリアコーディネイト、そして無垢材などの厳選された素材をリーズナブルな価格で提示することによって、150年近い年月を生き抜いてきた極上の芸術品があなたのお部屋にマッチすることが可能です。

 アールヌーヴォーや日本の民芸などの芸術運動の始まりに、大きな影響を与えたウィリアム・モリス。

 どうか一人でも多くの方に、その生命力溢れる美しさを体感していただきたいと考えています。

ローズガーデンをあなたのお部屋に

バラのアーチ

 バラが次々に咲いてきました。



柔らかいオレンジ色のイングリッシュローズ

淡いミルクを混ぜたような、ほんのりとしたオレンジのイングリッシュローズは、ピンク色のバラに比べると安定感のある美しさです。



オープンガーデンの中央に鎮座する美しいピンク色のバラ

ウィリアム・モリスはカップ型のアプリコットピンク

アプリコット・ピンクのウィリアム・モリスは、香りが強くカップ咲きの繊細なバラ。


花びらの裏と表のコントラストが美しいルル

高貴なピンク色を奏でる様は、ほんの一瞬ですが、刻み込まれた美しさは永遠です。


オープンアーチの純白のつるバラ>

 清廉な白いバラがオープンガーデンにご案内します。

パープルのグラデーションがあざやかなマルバは、めまぐるしく変化する日常の空気感のなかで高貴な波長の高い色を瑞々しく表現しています

 雨露に濡れて宝石のように輝かしくなります。

バニラホワイトの大粒のマリーゴールドは個性的な花々の中にあって、静かに自己主張しています



 季節の花々や、一瞬に煌く溢れるようなバラの美しさを、室内に再現することが出来ます。

 バラの美しさは、はかない瞬間ですが、ウィリアム・モリスのバラは永遠に四季を通じて輝き続けます。

あなたのお部屋をいつも美しいお花と、野鳥のさえずりで満たすと、これまで経験したことのないような自然の恵に包まれることでしょう


 美しいウィリアム・モリスの「トレリス」は伝統的な英国式のガーデンスタイルのインテリアのみならず、イングランド南西部のカッスル・クームやチッピン・カムデンなどのコッツウォルズ地方の田園風景を彷彿とさせるスタイル、または洗練されたヨーロピアンスタイル、そして日本古来からの和のスタイルなど、どの様式にもその柔らかな表情を微妙に変えながら溶け込みます。

ウィリアム・モリスの壁紙はコーディネイトによって様々な表情を見せてくれます

 個性が強いウィリアム・モリスの「ヴァイン」とのコーディネイトもこのようにバッチリです。

 あなたのペットも優雅に見えることでしょう。

ウィリアム・モリスの「トレリス」は4パターンのカラーを用意しています。イタリアンレストランやカフェにもこれまでにないコーディネイトが可能です。

 このように4種類の「トレリス」を用意しております。

 どのようなコーディネイトにも合うウィリアム・モリスの「トレリス」。

 その生命力溢れる芸術的なインテリアがリーズナブルな価格であなたのお部屋にも施工可能です。

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。