ヒートショック注意警報!断熱のポイントはトイレ・浴室・寝室!

ヒートショック注意警報!

地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター研究所の調査(2013年12月)によると、2011年の1年間で約17,000人の人々がヒートショックに関連した入浴中などに急死をした推定とされ、その死亡者数は交通事故による死亡者数(4611人)をはるかに上回っているとの事です。

ヒートショックは医学用語ではないので死亡診断書にヒートショックという用語は無く、ヒートショックが原因と思われる正確な統計データはありません。

しかし、家庭のお風呂で溺死する人は年間3,000〜4,000人いるという厚生労働省の統計と、2012年に東日本消防本部の81%の調査協力を得て実施した調査結果から推計すると、上記の数値になると推計されています。

そのうち、14,000人ぐらいが高齢者と考えられています。

次は住宅内で入浴中に心肺停止になった人の発生件数のグラフです。

入浴中の心肺停止者

9月、10月の秋口から増え始め、12月、1月でピークになります。
特に一気に寒くなり、寒さに体が付いて行かない11〜12月が要注意であることもグラフから見て取ることが出来ます。


暖かい部屋と寒い部屋で活動量はどのくらい変わるのでしょうか?

暖かい室内だと活動量が増える


さらにこの場合の筋力の違いは。

暖房した場合の筋力の違い.jpg

やはり寒いと筋肉が硬直して、動きが鈍くなるのは何もお年寄りだけではありません。


そして、アレルギーの症状にも変化を及ぼすことが分かりました。

断熱改修によるアレルギー症状と睡眠の変化.jpg

アレルギーの原因は化学物質や粉じん等が挙げられますが、寒さを解消して睡眠の質を上げることが肝心であることも調査結果から分かりました。

また、この調査結果では特に触れられていませんが、寒いトイレに入っている最中に血圧が上がり、具合が悪くなった人は決して少なくないのです。


では、どのように対策をするのが良いでしょうか。

●夕食前・日没前の入浴

外気温が下がる前の入浴も有効と考えられます。
2時〜4時頃になると、副交感神経と交感神経が入れ替わります。この時間帯が人の生理機能のピークと云われていて、これを酒井に徐々に生理機能が低下していくと云われています。

●食事直後・飲酒時の入浴を控える

食後1時間以内、飲酒時は血圧が下がりやすくなるため、入浴を控える。

●湯温を41℃以下のぬるめにしておく

●一人でいるときに入らない

●脱衣所や浴室、トイレ、寝室への暖房器具設置や断熱改修

冷え込みやすい脱衣所や浴室、トイレなどを暖房するか、断熱改修しておくことは有効な手段です。
特に室内の温度差を少なくし、安定した温度に保つことがポイントです。

ハニーハウスは画期的な遮熱システムで有効的な断熱改修をお勧めします。






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。