king of trance

Paul Oakenfold.jpg

キング・オブ・トランスとも言うべきイギリス人の大御所オーケンフォールドのオリジナルアルバム。CD

トランスと云っても、ヴォーカルがアルバム全編に入っており、ロック色が濃厚な創りで、U2やローリング・ストーンズ等のリミックスも手掛けています。

2曲目のヴォーカルはアメリカのカントリー歌手のCarla Wernerをフィーチャーしていますが、メロディアスな旋律にピッタリ。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。