ウィリアム・モリス in LONDON

V&A entrance.jpg

 ウィリアム・モリスを目当てにV&A博物館へ。



V&A Morris.jpg


 V&A博物館は入場無料ですが、1階の丁度真ん中にレストランがあり、その奥がモリスが設計したモリスルームがあります。


 ここで飲み物を注文して休憩です。



Morris Room .jpg

 室内の照明がかなり暗かったのであまり写りが良くありません。

 全てプリントではなく、モリスによる手書きです。


Morris Room 1.jpg

 彫刻の美しさが際立ちます。


Morris Draw.jpg




Daisy Tile.jpg

 ド・モーガンによって絵付けされた「Daisy」。



Painted by De Morgan.jpg



Painted by Morris.jpg


 モリスが絵を書き入れました。


Strawberry Thief.jpg

 いちご泥棒。


Trelis.jpg


 トレリスの壁紙。


Watching Morris.jpg



Wandle.jpg

 川の名前を題材にした「Wandle」。




Morris1.jpg


 壁紙のディティールです。



Orsay Arts&Crafts.jpg

 訪れた日は丁度オルセー美術館にモリスの大部分の作品があったのですが、ここに訪れる3日前に観に行っています。

 ナイトミュージアムでしたが、モリスの前にパリっ子がすごい行列を作っていました。

 ルーブルと違い、撮影禁止なのが残念です。





Morris Gallery Closed.jpg

 ロンドン郊外のモリスが育った家、Morris Galleryに到着。

 でも様子がちょっと変・・・。



William Morris Gallery.jpg


 工事中です・・・(泣)。
訪れたのは1月15日でしたが「Redevelopment Until JULY」とあります。


Morris House.jpg


 さすが上流階級らしく、かなり広大な敷地でした。


 寒いしバスは来ないしで、帰りの足取りが重かったのは言うまでもありません。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。