今年も宜しくお願いします

 昨年11月から旭川のお客様のシックハウス対策リフォームで掛りきりになり


 年末に慌ただしく結婚。




 そして年が明けて直ぐ


 嫁と娘を連れて久しぶりのパリ・ロンドン。



 ようやく一息つく・・・、間もなく

 貯まりに溜まった仕事に追われています。


 お客様からの年賀状で


 「ブログを楽しみに見ています♪」


 とちょっと(あまりに更新しなさすぎなので)恥ずかしいのであります。





 昨年夏に商号を「HONEY HOUSE」に変え


 温かく、頑丈で地震に強く、有害化学物質フリー、電磁波対策標準の家

 そしてスタイリッシュ。




 そんな夢のような家が出来ないだろうか。




 心機一転スタートしたところ

 8年前に極度の化学物質過敏症でリフォームを手掛けたお客様からお電話

 「わたしの経験をお話して紹介しておいたから宜しくね。」




 ひと月半お客様と一緒に格闘して
 
 大工さん、電気屋さん、設備屋さん、建具・家具屋さん、塗装屋さん、ガス工事会社様、畳屋さん、壁紙職人さん、左官屋さん、
 
 HONEY HOUSEの優秀な協力業者さん達のコツコツと真面目な仕事のおかげで

 12月にお引き渡し。




 約500万円掛る高度な気密断熱を

 頭をひねって、予算を絞って、内職で断熱材を400個

 11月の寒気の中、薄暗い明りの中2人で袋詰めして

 ちょっとここではお話しできない低予算に。



 他社の数百万円のリフォーム工事で

 シックハウスが発症して

 いちからやり直しというケースも

 実は少なくないのです。


 リフォームが終わった後のお金が無い状態で

 シックハウス対策改善リフォームを

 発注するのは

 さぞ大変なご決断かと思われます。



 さらにシックハウス対策改善リフォームは普通の工事に比べて

 どうしても2〜3倍以上の手間と時間が掛るので

 お客様にとっても心理的な負担をも乗り越える

 心の準備が必要になることでしょう。






 それらをすべて乗り越え

 完成して、お客様からの

 「ありがとうございました。」

 の労いの一言で

 すべてが一挙に吹き飛んでしまいます。



 今年はもっとスキルが上がるよう心掛けて行きます。

 唯一のスタッフの山尾は妻になりました。


 そして桜の咲く頃、家族がもう一人増える予定です。



ハニーハウスに関連する記事はこちら

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。