ウィリアム・モリス150周年記念イベントついに開催です

 東北大震災の影響により延期になっていましたモリス商会設立150周年記念イベント『ウィリアム・モリスの芸術-美しい自然の壁紙とファブリック展』が来る8月16日(火)〜21日(日)の6日間、札幌市資料館に於いてハニーハウス主催で開催されます。


 今年は150周年を記念して、当時のアーカイヴ・コレクションの中からモリスらしい素敵なデザインが復刻しています。


1875 pimpernel I  original

 1875年『Pimpernel(るりはこべ)』

1875 marigold original

 1875年『Marigold』



 その作品の中でこちらをご覧ください。

Scroll

 1871年『Scroll』


 モリス自身の作品によるこの『Scroll』は、同時期にデザインされた『(Small Bough)Branch』を背景にマリーゴールドが生き生きと描かれています。


branch

 1871年『Branch』

 モリスは少年のころから本草学に興味を持ち、樹木から野草に至るまで丹念に観察していました。
モリス作品に共通する、どこまでも伸びて行く生命の永遠性を感じさせる作品です。


ウィリアム・モリスの施工

 ハニーハウスの壁紙職人さんです。
彼の施工は繊細かつ大胆で、モリスの芸術性を最大限に引き出します。

 モリスの施工に関しては右に出るものはいないでしょう。


scroll


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。