美を意識した、家庭の水周りを考えてみる

 『WC(ウォータークローゼット)』は一般的にトイレの意味で使われますが、『Water Closet』のクローゼットは、あまり公にしたくないという意味合いがあります。

 浴室、洗面所、トイレ、どれも使用中に人に見られたくないという事では共通しているのでは。


施工後UT&トイレ.jpg


 リフォーム後のトイレ、洗面&浴室ですが、大型の鏡の裏側がユニットバスでその反対側にトイレがあります。

 入口からの視線を、間接照明を用いた大型の化粧鏡に注意を意図的に向けるようにデザインしています。

 入ってみて初めてトイレとユニットバスがあることに気が付くレイアウトになっていて、キッチンに近い位置で動線(人の動きを示す言葉で、居住性の判断材料になる指標。)が最小限になるように設計しました。

 鏡の向かい側にオーナー様が惹かれることが多いという、グリーンカラーが映っていますが、さりげなくウィリアム・モリスの『スタンデン』を使っています。





施工前UT.jpg施工前トイレ.jpg
 施工前の洗面所とトイレです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。