介護リフォームであるほど美しい部屋にしたい

改修前のトイレ.jpg改修前の脱衣所.jpg改修前の浴室.jpg

 トイレと脱衣所・浴室全てが寒く、家の中の動線も長く、物入れもない状態でしたので、日常的な行動にとても苦労をされていました。

 そこで洗濯・入浴・洗顔に関する水回りを集約させて移動距離を短くしました。


アウトセットの引戸.jpg

 お部屋の中央にシンプルな引戸の入り口を設けました。


アウトセット引戸.jpg

 開くと洗面台と浴室が現れます。




浴室と洗面台.jpg

トイレ&洗面.jpg

 トイレの便座に座って立ち上がる際に力が楽に伝わるように横方向の手摺を付けました。

 当初の設計では写真の柱は撤去して35ミリの手摺棒を取り付ける予定だったのですが、構造的に無理がかかることから残してシートでアクセントを付けました。



洗面室.jpg

 洗面化粧台はウォールナット無垢材の削り出しで制作しました。



crane 洗面ボウル.jpg

 アメリカのCRANE社製の輸入洗面ボウルを組み込んでいます。



 とても素敵でお洒落なお客様の為に、鏡の照明に映る姿が一番美しく、光が均一に映るように設計しました。


 無垢材のウォールナットの洗面台はプレゼントです。



 お引き渡しの際に、

 「うわぁ!かっこいい!!」


 と御主人に言って頂きました。





 ありがとうございます!!




美しい介護リフォームに関連する記事はこちら

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。