ローコストで光熱費を抑えるリフォーム

 最近中東の情勢と日本の政権が非常に不安定なことから、ガソリンや灯油の価格が急上昇してます。

 特に冬季の暖房費がかさむ北海道にお住まいの方々の中には、毎日のニュースにため息をついている方も多いのでは。


 高気密高断熱が意識されるようになってから30年以上経っており、昔に比べて飛躍的に家が暖かくなってきました。


 しかし、ここ最近の新築住宅やリフォーム後の家に、とんでもないくらい大きなつららや危険な部分に出来ているのを見ることがありませんか。

 

つらら.jpg
例えば新築なのにこんなつららが出来てしまう



 当然新築の場合は住宅保証制度に加入が義務付けられていますし、ほとんどの工務店は断熱施工をしています。

 断熱材をしっかりと入れても、内部の空気が動いてしまう事によってその性能は半分以下になってしまうんです。

 ですので基礎・床下・一階とニ階の間・屋根裏・間仕切りの壁上の空気の流れを止めないといけないんです。

 逆に言うと、空気の流通をしっかりと止めると、古い断熱材が生き返ります。

 断熱リフォームで古い断熱材をすべて取り払って、新しくしても結露したり、寒さがさほど変わらなかったりするのはこんなところにあります。

 これはしっかりとした大工さんと、さらにしっかりと現場管理をすることでクオリティが保たれます。


 例えば金属サイディングには裏に薄い断熱材が付いていますね。


 あれは室内のQ値(熱損失係数)を上げるのにはさほど役に立たないんです。


 ですので、サイディングを張り替えなくても暖かい家が出来ます。


 内部からの空気の気流止め、または外部一部をカットすることでの気流止めによって家を暖かくするという目的が達成するならば、リフォームにかけられる金額が変わってきます。

 



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。