とってもALFAな、バレンタイン・プレゼント

ピエモンテの名門が造った、アルファロメオ・ロッソのワインとクワドリフォリオ・ヴェルデの手造りチョコレート

 小さな恋人からバレンタイン・プレゼントを頂きました。揺れるハート


 手造りですが、もったいなくて食べられません〜。


 しかも、見事にわたしの愛車アルファロメオのレース仕様に使われている、緑の四葉のクローバー(Quadorifoglio Verde)になってます。

バレンタイン verde.jpg



 緑の四葉のクローバーは1925年、ガストーネ・ブリッリ・ベーリが操るP2がワールド・チャンピオン・シップ・タイトルを獲得したのを皮切りに100年に渡って、数多くの栄光の勝利を歩んできたアルファロメオの歴史を象徴するものです。

 この四葉を貼るようになったのは1923年のタルガ・フローリオからで、幸運を呼び込むシンボルとして付けてみたところ本当に優勝をしてしまったため、その後もアルファロメオのレーシングカーに貼られるようになりました。

ピットリオ・ヤーノ.jpg



 これまた大切な人からプレゼントされた、数量限定のアルファロメオ・ロッソのワインと共に写しました。

 ピエモンテの名門が造った、日本国内でも入手が困難なワインです。




 両方ともとても手が付けられません。




 alfa embrem.jpg


 今をときめくイタリアのスポーツカーメーカー、フェラーリの創業者、エンツォ・フェラーリはアルファロメオの優秀なレーサーで、後にレース部門のチーフディレクターとしてアルファロメオに育てられ、活躍したのは有名な話です。


spider フロント.jpg




 そして、大切な人から手造りのチョコレート・ケーキを頂きました。

バレンタイン choco.jpg


 形が何となく、ハニィハウスで扱っている壁紙に似ているような・・・。

elitis





 かつて訪れた、ベルギーのアントワープで食べたチョコレートより美味しいです・・・。

mainimage.jpg


640x640_16496.jpg

 アントワープの老舗、Del Rey。


ph4.jpg

 宝石のようなベルギーチョコ。

k590416661.jpg





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。