電磁波対策を取り入れた照明で、空間の雰囲気を変える

電磁波対策のにも有効な照明計画

 マンションをリフォームしたり調査した際に、手を付ける前の部屋や廊下の雰囲気がなんとなく悪かったりすることがありますが、照明器具の位置を変えたり、電磁波対策をすることで解決することがあります。

リフォーム前の玄関ホール。雰囲気が暗いです

 撮影した時間帯も違いますが、昼間でも夜に照明を付けても暗めの雰囲気です。


リフォーム後の玄関ホール

 リフォーム後に撮影した玄関ホール。

 本来明かりがあたるべき所に照明器具が無かったために、安定感が無い空間でした。

 リフォームして真っ白いビニールクロスから色彩の豊かな壁紙に変えてはいますが、照明を適切な位置に増設してあげることによって全く違った空間になります。

 これをLEDの照明にすると、もっと軽い感じになります。

 玄関ホールという家族が長く時間を過ごすところではないので、あまり重要視されないかと思いますが、ポイントとしてここを明るくすることでグッとお家の雰囲気が変るのです。

 玄関の印象は家の全てを左右することもあり、予算的にさほどのものではありませんから、この辺を対策しておくのもオススメです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。